身体障害者手帳をお持ちの方、難病患者等に対して、身体上の障がいを補う用具の購入費・修理費・貸与費を給付します。原則として1割の利用者負担がありますが、生活保護世帯、住民税非課税世帯の方については自己負担分を助成します。
※ 40歳以上で介護保険の給付対象となる方は、介護保険制度が優先します。

 

補装具の例
  • 肢体不自由  義肢、装具、座位保持装置、車いす、電動車いす
  • 視覚障がい  盲人安全杖、義眼、眼鏡
  • 聴覚障がい  補聴器
    他 重度障害者用意思伝達装置 など

 

申請には、申請書、医師意見書(補装具の種類によっては不要)、見積書などが必要です。購入前に下の担当課に問い合わせてください。

 

身体障がい者の補装具相談会

神奈川県総合療育相談センターが肢体不自由障がいの補装具(義肢、車いす等)交付、修理相談を行います。広報はこねに毎月の日程が掲載されています。事前に予約が必要です。
参考 身体障害者巡回相談日程表(外部リンク 神奈川県)

 

 

関連 軽度・中等度難聴児補聴器購入費等の助成