東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたホストタウンの取組において、「箱根宮城野獅子舞保存会」の功績が認められ、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣からホストタウン功労者感謝状が贈呈されることとなり、同保存会に勝俣町長から伝達されました。

伝達式概要

日時:令和3年11月22日(月)13時から

場所:箱根町役場本庁舎3階 町長室

出席者:箱根宮城野獅子舞保存会 稲葉会長、稲葉庶務委員長の2名

功績:令和3年8月13日に星槎大学箱根キャンパスで行われた「パラリンピック聖火フェスティバル採火式」において、東京パラリンピック競技大会の出場のため、同キャンパスで事前キャンプをしていたブータン王国パラリンピック選手団5名への「おもてなし」として、この日のために準備した獅子舞を披露したもので、鑑賞した選手が大いに感動され、事前キャンプ中の貴重な交流のひとつになったことに対する功績が認められたもの。

左から稲葉会長、勝俣町長、稲葉庶務委員長

  

採火式の様子

採火式に結果については、こちらをご覧ください。

 

当日の映像はYouTubeで公開しています。