(会期延長)「箱根湯本強羅間開通100周年記念 箱根登山鉄道のあゆみ」

 箱根の急峻な山岳地形を縫うように走る、世界でも有数の山岳鉄道である箱根登山電車が、1919年(大正8年)に箱根湯本~強羅間に開通して本年がちょうど100年になります。
 この間、箱根を訪れる観光客の重要な足として走り続けた登山電車は、箱根を代表する交通機関として、また季節ごとに箱根の風景をなす風物詩として、多くの方に親しまれてきました。
 この企画展では、開通までの経緯から、今日まで100年にわたる箱根登山鉄道の歴史やその魅力を、その時々の箱根観光の歴史とともに、さまざまな資料を通して紹介します。

 令和2年3月29日(日)まで、延長して展示しています。なお、展示資料の一部については展示替えを行い、内容を再構成したものとなります。

 また、台風19号の被害により長期運休中の同鉄道の被害と復旧の様子について、箱根登山鉄道株式会社から提供を受けた写真等をパネル展示しています。

 

会期 ※会期を延長して展示しています

 令和元年9月14日(土)~令和2年3月29日(日)

会場

 当館特別展示室

料金
  • 一般:300円
  • 小中学生:150円

料金についての詳細は、利用案内のページをご覧ください