中小企業等災害復旧支援事業補助金

中小企業等災害復旧支援事業補助金の受付を開始します。
令和元年台風19号により被害を受けた町内中小企業者等に対し、新たな経営計画および復旧計画に沿って事業の再建を行った場合に、その費用の一部を補助します。
 

補助金について

制度の詳細については、募集案内をご覧ください。

募集案内 [1243KB pdfファイル]  

補助対象者

町内で台風19号の被害を受けた町内中小企業者またはこれを支援するリース事業者

補助対象事業

台風19号により被害を受けた業務の用に供する施設、設備、車両、委託費、賃料、およびそれと同等程度のもの。なお、補助対象期間内に補助対象の復旧を完了し、補助対象経費の全額の負担が行われるものであることを要件とします。
また、特例リース契約を利用した設備等の導入も補助の対象とします。 

補助金額

所要経費の10分の7

補助上限額 2,800万円

対象事業期間

令和元年台風19号により被害を受けた日から令和2年12月25日(金曜日)

申請受付期間

令和2年6月18日(木曜日)から令和2年10月30日(金曜日)まで

令和2年12月25日(金曜日)までに納品及び支払いが完了し、実績報告書を提出する必要があります。

また、予算の範囲内での対応となるため、申請受付期間中に終了することがあります。

事前相談(随時受付中)

補助金の申請を希望する方は、事前相談を必ず受けてください。予約申込書に記入のうえ、事前にFAXまたはメールで予約をしてください。

予約申込書 [21KB docxファイル] 

<当日必要な書類>
  1. 会社の概要が分かる資料(会社案内、履歴事項等全部証明書、決算書)
  2. 復旧のために導入・修理する設備等が分かる書類(カタログ、見積書、写真、設計図等)
  3. 被害状況が分かる書類(被災したことが分かる写真、メーカー等の証明等)

※申請書・実績報告書等の書類を持参する場合は、2部ご用意ください。

申請方法

事前相談の際に、各事業者と調整します。

各種様式

予約申込書(事前相談・申請書・実績報告書の提出)

 

既に復旧が完了している場合

提出書類は2部(正本1部、副本1部)ずつ提出してください。
※副本は正本のコピーで構いません。

 

これから復旧をする場合

提出書類は2部(正本1部、副本1部)ずつ提出してください。
※副本は正本のコピーで構いません。

<申請書類>

<実績報告書類>

 

交付額の確定を受けた後の提出書類

 

要綱

 箱根町中小企業等災害復旧支援事業補助金交付要綱 [452KB pdfファイル]