箱根町(はこねまち)は、昭和(しょうわ)39年(ねん)7月(がつ)に虻田町(あぶたちょう)と姉妹都市(しまいとし)を結(むす)び、交換学生(こうかんがくせい)の派遣(はけん)などをおこなって交流(こうりゅう)を深(ふか)めています。

 

洞爺湖町(とうやこちょう)

虻田町(あぶたちょう)は平成(へいせい)18年(ねん)3月(がつ)に洞爺村(とうやむら)と合併(がっぺい)して、「洞爺湖町(とうやこちょう)」になりました。洞爺湖町(とうやこちょう)は、北海道(ほうっかいどう)の南側(みなみがわ)にあり、湖(みずうみ)(洞爺湖(とうやこ))と山(有珠山(うすざん))と海(噴火湾(ふんかわん))に囲(かこ)まれた自然(しぜん)豊(ゆた)かな町です。

 

毎年(まいとし)夏休(なつやす)みに、箱根中学校(はこねちゅうがっこう)の生徒(せいと)と、虻田中学校(あぶたちゅうがっこう)、洞爺湖温泉中学校(とうやこおんせんちゅうがっこう)、洞爺中学校(とうやちゅうがっこう)の生徒(せいと)が箱根(はこね)にやって来たり、洞爺湖町(とうやこちょう)に行ったりと交流(こうりゅう)を深(ふか)めています。