地方青少年問題協議会法に基づき、町長が委員を任命し、青少年の指導、育成、保護及びきょう正に関する総合的施策の樹立について、調査・審議をします。任期は2年です。