7月15日、宮城野諏訪神社で「宮城野湯立獅子舞」が行われました。
 雨上がりの静かな境内では、セミの声とともに囃子の音が響く中で、数々の舞が披露されました。
 また、獅子は、真っ赤な炎の上で煮えたぎった湯の中に束ねた笹の葉をくぐらせると、その笹を大きく振ってしぶきを観客にかけました。これは、その湯にかかると1年間無病息災でいられるというもので、観客たちは「待ってました」と言わんばかりに湯を浴びていました。
 このイベントを皮切りに、町内では花火大会や夏祭りなど、多くの楽しいイベントが行われます。
  大きく舞う獅子 釜の前で跳ねる獅子 祈りを捧げる獅子 釜に向かう獅子 笹の葉を湯にくぐらせる獅子 無病息災を祈願して・・・