9月30日、さくら館で「2010 健康・福祉フェスティバル」が行われました。 
 いきいきはこね体操などの各種団体の活動披露やともしびショップ主催の大正琴の演奏では、出演者と観客が一緒になって体を動かしたり歌ったりし、会場にいた誰もが楽んでいる様子でした。 
 また、今年初めての企画として、町健康都市宣言に関する川柳と標語を事前に募集したところバラエティに富んだ作品が多数集まり、その中から、当日、優秀作品が表彰されました。 
 健康・福祉について考える一つのきっかけに、皆さんも川柳や標語を作ってみませんか。
 家族や友人と披露し合うのも楽しいかもしれませんね。
※優秀作品の一部を紹介します。 
町長賞(川柳)「健康は たよれる妻の 塩かげん」    
     (標語)「げんきなら やさしくできるよ だれにでも」    パネルで紹介 いきいき体操 「どっこいしょ」 大正琴で奏でるJポップ フラダンスをしなやかに♪ 威勢のいい音と元気なかけ声が響きました