4月18日まで、宮城野早川堤では「さくらまつり」を開催しています。
 満開の桜並木の下をのんびりと歩くと、春の暖かさや明るさ、やさしさを全身で感じられ、とてもすがすがしい気分になれます。
 4月14日の取材時には、多くの人が桜のトンネルを散歩し、花見を楽しんでいました。
 節電のため、今年は夜のライトアップは行われていませんが、日中の桜も素晴らしく咲き誇っており、とてもきれいです。
 明るい春の日差しを浴びる薄桃色の花やこげ茶色の太い枝ぶりをじっくり味わいませんか。
 さくらまつり終了後も花見はできますので、ぜひ楽しんでください。 仲間と過ごすうららかな春の昼下がり

仲間と過ごすうららかな春の昼下がり

そっと香りを楽しむご婦人の姿がありました

そっと香りを楽しむご婦人の姿がありました

恵明学園の児童が箱根ライオンズクラブの皆さんとともに雑草取りのボランティアをしているところに遭遇

恵明学園の児童が箱根ライオンズクラブの皆さんとともに雑草取りのボランティアをしているところに遭遇

太い枝に可憐な花がたくさん咲いています

太い枝に可憐な花がたくさん咲いています

川に垂れ下がるさまはまるでシダレザクラのよう・・・

川に垂れ下がるさまはまるでシダレザクラのよう・・・

延々と続く桜並木の全景

延々と続く桜並木の全景

地面にも小さい春を見つけてカメラを向けていると・・・

地面にも小さい春を見つけてカメラを向けていると・・・

児童の一人が「ここにつくしもあるよ」と教えてくれました

児童の一人が「ここにつくしもあるよ」と教えてくれました