1月2・3日、第88回箱根駅伝が行われ、2日の往路において東洋大学が5時間24分45秒(往路新記録)で4連覇を果たしました。
 山登りとなる5区では、多くの観客が見守り惜しみない声援を送る中、各選手が長く続く急な山道を懸命に駆け、参加20校全てのたすきがつながり、翌日の復路にそれぞれの思いを託しました。
 取材先の大平台では、大平台観光協会により甘酒が配布されたり、大平台姫太鼓や子どもばやしが太鼓を響かせたりと、地域一丸となってこの大会を盛り上げました。
  
選手の通過を待つ間、寒さをふきとばすできたての甘酒が振舞われました

選手の通過を待つ間、寒さをふきとばすできたての甘酒が振舞われました

今年も元気な姫太鼓の皆さんの応援

今年も元気な姫太鼓の皆さんの応援

地域の子どもたちも力いっぱい心をこめて・・・

地域の子どもたちも力いっぱい心をこめて・・・

区間新も出した柏原選手 1位通過で箱根ラストラン!

区間新も出した柏原選手 1位通過で箱根ラストラン!

沿道も沸いた伝統校同士のつばぜり合い

沿道も沸いた伝統校同士のつばぜり合い

チームでつかんだ見事な往路優勝!!

チームでつかんだ見事な往路優勝!!