3月27日、仙石原諏訪神社で仙石原湯立獅子舞が行われました。
 春のやわらかな太陽の下、多くの観客に見守られながら、仙石原神楽保存会により「宮舞」や「剣の舞」など、江戸時代から続く伝統の舞が笛や太鼓などの囃子(はやし)とともに奉納されました。
 見どころの一つである「釜めぐりの舞」では、獅子が熱湯の沸く大釜の周りを舞い、31段の急な階段を何往復もして神社や神輿堂(みこしどう)に、また、保存会のメンバーや観客に、束ねたクマ笹で湯花を振りかけてまわりました。
 この湯をかぶると、その一年を健やかに過ごせると言われています。
 見に来た理由を観客の一人に尋ねると、「この神楽をテーマにした写真展を以前に開いたことがあって、ほぼ毎年仲間と見に来ているんですよ。獅子の表情とかかわいいですよね。」と教えてくれました。 たくさんの観客を前に囃子にも舞にも力が入ります

たくさんの観客を前に囃子にも舞にも力が入ります

時に激しく舞い踊る獅子

時に激しく舞い踊る獅子

神池に入る前のお参り 思わずもれた「寒い」のひと言

神池に入る前のお参り 思わずもれた「寒い」のひと言

神社の前で奉納する「宮めぐりの舞」 

神社の前で奉納する「宮めぐりの舞」 

木々に囲まれた厳粛な雰囲気の中で営まれます

木々に囲まれた厳粛な雰囲気の中で営まれます

たっぷりと熱湯を含んだ笹を頭上で大きく振る獅子

たっぷりと熱湯を含んだ笹を頭上で大きく振る獅子

奇数回ずつ行う決まりがあるそうで足元をふらつかせながらも全速力で階段を往復

奇数回ずつ行う決まりがあるそうで足元をふらつかせながらも全速力で階段を往復

笹の束が湯気の軌跡を描きました

笹の束が湯気の軌跡を描きました

泣かずにがんばりました お母さんもひと安心

泣かずにがんばりました お母さんもひと安心