実施計画の位置付けと計画期間

 箱根町第6次総合計画は、基本構想、基本計画及び実施計画の3層で構成されており、実施計画は、基本計画で定めた施策を実施するための3年間の具体的計画となるもので、社会情勢や財政状況を考慮して毎年度見直します。


 

 

  

実施計画

 実施計画は、基本構想で定めた6つの基本目標について、その目的達成に向けて掲げた34の施策を具現化するため、町が取り組むべき具体的な事業(事業対象や目的、内容)を示すとともに、直近3年間の取組内容と事業費を明らかにするものです。また、各年度の予算編成や事務事業の実施の際の指針となりますす。

 

進行管理・評価

 毎年度、各事務事業の実施状況及び計画期間中の目標達成状況を把握し、箱根町総合計画審議会に報告し、意見を伺ったうえで広く公表することで、適切な進行管理を図ります。

平成29[2017]年度実施分