箱根町長 山口 昇士

こんにちは 箱根町長の勝俣 浩行です。 

 箱根町は神奈川県の南西部に位置し、東京から約80キロメートルの距離にあります。面積は92.86平方キロメートルで、面積の8割は山岳地帯からなっています。
 また、富士箱根伊豆国立公園内にあり、富士を映す明鏡芦ノ湖や美しい山なみなど、豊かな自然に恵まれています。古来より東海道の要衝として、また温泉地・宿場町として栄え、国内外から多くの観光客にお越しいただいています。

 令和4年度は、第6次総合計画後期基本計画について、町の将来像として掲げる「やすらぎとおもてなしのあふれる町-箱根」の実現を目指し、前期基本計画を踏まえつつ、めまぐるしく変化する社会経済情勢や時代の流れに的確かつ柔軟に対応するため、「町民の暮らし第一のまちづくり」「持続可能なまちづくり」「ブランド力アップ」「新型コロナウイルス対策」を新たな課題として加え、これらの課題解決に向け、各種施策に積極的に取り組んでまいります。
 今般の新型コロナウイルス感染症の拡大によって、世界的に生活様式が一変し、価値観の転換など激しい変化が生じております。こうした動きのある中、日本では少子高齢化の急速な進行によって人口減少社会に突入しており、限られた人口を各地域に呼び込もうとする地域間競争が激しさを増してきていると感じています。本町は、首都圏から一番近く、また、全国で一番利用者の多い国立公園であり、真価が改めて問われる局面であります。そのため、これまで以上に町民・事業者などすべての関係者と緊密な連携のもとに、協働・共生によるまちづくりを推進し、将来にわたり箱根というブランドを守り、磨き、引き継ぐことで、持続可能な観光地としていくことを目指していきます。

 当ホームページは「見やすい・分かりやすい・探しやすい」をコンセプトに、町民の皆さまの生活に役立つことはもとより、国内外の皆さまに箱根町の魅力を知っていただき、本町への理解を深めていただく一助となることを願っています。
 今後とも、町民の皆さまをはじめ多くの方々に、このホームページにアクセスいただけるよう、充実させていきたいと思いますので、たくさんのご意見をお寄せいただきますようお願いします。

 

                                     箱根町長 勝俣 浩行