町では、集中豪雨や台風に伴う大雨によるがけ崩れ等の土砂災害や洪水氾濫の被害を減らすことを目的として、土砂災害警戒区域・洪水浸水想定区域・避難所・避難場所などの情報を記載したハザードマップを作成しています。

※ マップのダウンロードはこちら

 

土砂災害区域の指定

 ハザードマップに掲載している土砂災害警戒区域(イエローゾーン)及び土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)は、神奈川県が「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(土砂災害防止法)」に基づいて指定された箇所について表示しています。
令和2年12月22日に神奈川県から急傾斜地(がけ崩れ)に関するレッドゾーンの新規指定があったため、今まで既に指定を受けていた土石流のイエローゾーン及びレッドゾーン、急傾斜地のイエローゾーンと合わせて公表します。

 

洪水浸水想定区域について

 ハザードマップに掲載している洪水浸水想定区域は、平成27年の水防法の改定に伴い調査された「想定し得る最大規模の降雨」により、氾濫が発生した場合の浸水が想定される範囲とその水深について表示されています。
令和2年3月24日に神奈川県から指定を受けたため、水防法の規定に基づき、作成しています。
なお、箱根町の洪水ハザードマップには、高潮・内水は含まれていません。

 

ハザードマップの閲覧について

 ハザードマップの閲覧については・・・

(1)当ホームページにてご確認ください
(2)現物は、役場の総務防災課及び各出張所で閲覧ができます
 

 

「はこね防災マップ」を作成しました

 町では、神奈川県が新たに指定した急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)に関する土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)や、洪水に関する浸水想定区域の見直しの結果を踏まえ、新しい土砂災害・洪水ハザードマップである「はこね防災マップ」を作成しました。
避難場所・避難所のほか、防災倉庫の位置なども表記していますので、地域の防災活動にお役立てください。
 

令和3年版「はこね防災マップ」(土砂災害・洪水ハザードマップ)

 ハザードマップは地区ごとに分かれていますので、次の中からお住いの地区のものをご覧ください。


(1)表 「湯本A(山崎・神明町・旭町・仲町・滝通り地区)」.pdf [2659KB pdfファイル] 
(1)裏 「湯本B(湯場・滝通り・塔之澤・湯本茶屋地区)」.pdf [3464KB pdfファイル] 

(2)表 「湯本茶屋・須雲川地区」.pdf [3464KB pdfファイル]  ※(1)裏と同じマップ
(2)裏 「須雲川・畑宿地区」.pdf [2997KB pdfファイル] 

(3)表 「大平台地区」.pdf [3020KB pdfファイル] 
(3)裏 「宮ノ下・小涌谷・二ノ平地区」.pdf [3140KB pdfファイル] 

(4)表 「宮城野(うすい・さくら・あずま)・強羅・二ノ平地区.pdf [3300KB pdfファイル] 
(4)裏 「強羅・二ノ平地区」.pdf [2877KB pdfファイル] 

(5)表 「仙石原A(下向・川向・大涌谷下湯地区)」.pdf [2639KB pdfファイル] 
(5)裏 「仙石原B(上向・中筋・大原・高原地区)」.pdf [2430KB pdfファイル] 

(6)表 「仙石原B(上向・中筋・大原・高原地区)」.pdf [2430KB pdfファイル]  ※(5)裏と同じマップ
(6)裏 「仙石原C(高原・イタリ・温泉荘・湖尻地区)」.pdf [1966KB pdfファイル] 

(7)表 「元箱根富士見・元箱根神戸地区」.pdf [2579KB pdfファイル] 
(7)裏 「元箱根大芝・駒ヶ岳・芦之湯地区」.pdf [2667KB pdfファイル] 

(8)表 「箱根西区・箱根東区地区」.pdf [2456KB pdfファイル] 
(8)裏 「元箱根富士見・元箱根神戸地区」.pdf [2579KB pdfファイル]  ※(7)裏と同じマップ


※容量が大きいため、表示されるまでに時間がかかることがあります。
 


外部リンク

  • 神奈川県土砂災害情報ポータルサイト  (ご使用の環境によっては正常に表示されないことがあります)
    ポータルサイトの「土砂災害のおそれのある区域」では、県内全域の土砂災害警戒区域等が確認できます。
    条件を選択しての検索や地図の拡大もできるため、細かい部分の確認等にご活用いただけます。
     
  • 神奈川県「河川の氾濫による洪水浸水区域図」
    箱根町に存在する早川水系の洪水浸水想定区域図は県のホームページでも確認できます。

 

参考情報

旧はこね防災マップに掲載されていた防災情報